iPhone

iPhoneが水没してしまった時の対処法

今の時期、水辺でiPhoneを使用されたりする事があると思います。

そんなiPhoneをもし、水没させてしまった時に対処の仕方としてどうすればいいのか分からないという事はありませんか?

水没させてしまった時に、正しい行動と間違った行動があります。

今回は、iPhoneが水没してしまった時の対処法を少しご紹介させていただきます。

 

 

水没してしまった時の対処法

水没といっても色々なケースがあると思います。

真水に浸かってしまったのか、ジュース等が零れてしまったのか、シャワーがかかってしまったのか等。

水没の度合いにもよりますが、対処の仕方として正しい行動をとれるようにご紹介します。

 

電源を落とす

水没してしまった時は、まずiPhoneの電源を落として下さい。

電源をつけたままでいると、内部でショートを起こしてしまう可能性があります。

少しでもショートを起こさないようにする為にも、電源を落とす事は必須です。

 

水分を拭く

次にiPhoneについている水分を拭き取って下さい。

その際、ケースやアクセサリー類を付けている場合は、全て外して水分を拭き取るようにして下さい。

ケースやアクセサリー類をつけたままでいると、それらに水分がついてしまっている可能性があるので、

せっかく端末を拭き取ったとしてもケース等についている水分がまた端末内部に入り込んでしまう可能性があるからです。

 

SIMカードを取り出す

次に、SIMカードを取り出して下さい。

SIMカードが濡れてしまって放置していると、SIMカード自体が故障してしまう可能性があります。

もし、SIMカードに水分が付着している場合は、布などで拭き取って下さい。

そして、SIMカードは取り出したまま保管しておいて下さい。

端末内部に水分がある可能性がありますので、SIMカードを再度挿し込むのは控えて下さい。

水没後の間違った行動

水没してしまった後にしてはいけない行動があります。

これを知っていないと、更に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

充電する

充電がないからと、水没した端末を充電する行動は危険です。

充電してしまうと、端末内部でショートを起こしてしまう可能性があります。

絶対に充電しないで下さい。

 

端末本体を振る

水没してしまった時に端末内部の水分を出そうと、端末本体を振る行動もしないで下さい。

端末本体を振ると、端末内部に水分が更に広範囲に広がってしまう可能性があります。

端末本体を振る行動はしないで下さい。

 

ドライヤーを使用する

濡れた端末を乾かす為にドライヤーを使用する行動もしないで下さい。

ドライヤーの熱によって基板が破損する可能性がありますし、

ドライヤーの風によって端末内部に水分が広範囲に広がってしまう可能性もあります。

ドライヤーの使用はしないで下さい。

 

iPhoneの防水について

iPhoneには生活防水機能というものが備わっていますが、あくまでも生活防水です。

またAppleも以下の事を控えていただくように注意しています。

・iPhoneを着用したまま泳ぐ、または入浴する。

・iPhoneをサウナやスチームルームで使用する。

・iPhoneを意図的に水没させる。

この事から、iPhoneは絶対的な防水ではありませんので皆様も水没にはご注意いただけたらと思います。

まとめ

水没してしまって正しい対処をしていたとしても、端末本体が起動しないこともあり得ます。

そんな時はスマートクールにお気軽にお問合せ下さいませ。

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。